耳鳴りの原因は?治し方をこっそり公開!

こちらでは、耳鳴りの原因や治し方などをお伝えしています。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -

    1日3分から始める坂本式耳鳴り改善法とは?

    0

      耳鳴は一生治らないものだから病院へ行っても、
      どうせ変わらないだろうと諦めてはいませんか?

      実は、1日たった3分あることをするだけであなたを
      悩ませていた耳鳴りから解放させる方法があったんです。


      このように語るのは、坂本均整施術所2代目、
      日本姿勢保健均整師会元・会長 現・師範「坂本元一」さん。

      ・東洋医学の名医103人
      ・壮快
      ・安心
      ・私の健康
      ・日経ウーマン
      ・日経ヘルス

      などのメディアでも掲載されました。

      一体、どのような事をすれば耳鳴りが改善するのか?

      そもそも本当に良くなるのか?


      その秘密をコチラで公開していますので、確認してみてください。



      >>1日3分から始める坂本式耳鳴り改善法!

       
      改善法 | permalink | comments(0) | -

      耳鳴りの原因って何?

      0
        耳鳴りの原因としては、以下のようなことが考えられます。

        ・ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)
        ・大きな音
        ・耳あかや異物
        ・薬の副作用
        ・病気

        ストレスが原因で耳鳴りが起こる場合があります。

        これは精神的ストレスだけではなく、肉体的ストレスも含まれています。

        人間関係や仕事が上手く行かない時、体が疲れている時は自律神経が乱れやすいです。

        その自律神経の乱れによって耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)を引き起こします。

        耳元で大きな音を聞いたり、大音量の音楽を聴いた場合、蝸牛の感覚細胞にダメージを与えてしまって耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)を起こすことがあります。

        この場合、早めに治療することが重要です。

        耳あかがたくさん溜まってしまった場合や耳の中に水・虫などが入った時にも耳鳴りが聞こえます。

        原因となるもの質を取り除けば耳鳴りは止みます。

        服用している薬の副作用で耳鳴りが起きることがあるので注意が必要です。

        一般的に解熱剤、鎮痛剤、抗うつ薬、利尿薬、糖尿病の治療薬などは耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)を起こしやすいといわれています。

        何かしらの病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が原因で耳鳴りを起こしている可能性もあって、その場合は病気の治療を優先してください。

        >>1日3分から始める話題の耳鳴り改善法!

        耳鳴・知識 | permalink | comments(0) | -

        耳鳴りってどんな症状?

        0
          耳鳴りとは周囲に音源がないのに耳の中で音を感じる症状です。

          恐らく、みなさんも耳鳴りを経験したことがあるはずです。

          そして、耳鳴りは以下の2つに分けることができます。

          ・自覚的耳鳴
          ・他覚的耳鳴

          自覚的耳鳴は聴覚(若い人にしか聞き取れない音を利用したモスキート音が一時期話題になりました)異常感のひとつで、蝉の鳴き声のような「キーン」「ピー」といった高音の音が聞こえることが多いです。

          他覚的耳鳴の場合、耳鳴りがしている耳にゴム管を入れたら他の人もその音が聞こえます。

          筋肉の収縮音や血流の雑音などによって起きている事もあるでしょう。

          基本的に耳鳴りはすぐにおさまりますが、何度も繰り返したり、長時間鳴り続けることもあり、その場合はそのまま放置するのは危険です。

          症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が悪化する可能性がありますから、早めに対処された方がいいでしょう。

          放置すると大変な事態になるかもしれません。

          また、気にすれば気にするほど大きくなるというのが耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)の特徴なので、すぐにおさまるものなら、あまり気にしないようにするのが一番です。

          >>1日3分から始める話題の耳鳴り改善法!

          耳鳴・知識 | permalink | comments(0) | -

          耳鳴りとうつ病って関係ある?

          0
            耳鳴りとうつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)は関わっているといわれていますが、これは事実です。

            うつ病になると自律神経が乱れてしまうので、耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)の症状が現れることが多いです。

            そのため、うつ病患者の多くは耳鳴りにも悩まされています。

            そして、耳鳴りが原因でうつ病を引き起こすこともあるので注意が必要です。

            耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)が起こるということは強いストレスを抱えている可能性があります。

            そのストレスをずっと受け継続する事によってしまうと、うつ病を発症させてしまう危険がありますし、耳鳴り自体をストレスに感じて鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)になることもあると思ってください。

            また、うつ病の治療をはじめてから耳鳴りがするようになったという人も多いです。

            これは、うつ病に使用する治療薬が原因です。

            うつ病に利用する治療薬の中には副作用として耳鳴りを起こすものがあります。

            仮に薬を服用していて、耳鳴りがどんどん悪化するようであれば、その薬を継続するかどうかも含めて医師に相談してください。

            さらに、うつ病を発症した場合は、耳鳴りだと思っている音が幻聴の可能性もあります。

            >>1日3分から始める話題の耳鳴り改善法!

            耳鳴・知識 | permalink | comments(0) | -

            耳鳴りと難聴って関係あるの?

            0
              耳鳴りと難聴は関係しているといわれていますが、本当なんでしょうか?

              結論からいうとこの2つは深く関係しています。

              難聴(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分けられています)の症状のひとつに耳鳴りがあると言われていますし、耳鳴りに悩む方の大半は難聴の疑いが強いです。

              このように耳鳴りと難聴は切っても切り離すことができないほど関係が強いと思ってください。

              また、難聴(音が聞こえない以外に、音が聞こえても聞き取れない場合もあります)にも種類があり、耳鳴りと関わりが大きいのが突発性難聴と老人性難聴です。

              突発性難聴とは前触れもなく急に難聴になるという症状ですが、時間が経てば治ることもあります。

              発症前に片耳にキーンという激しい耳鳴りが起こり、一緒にめまいも起こることが多いです。

              ハッキリした原因は分かっていませんが、ウィルス感染やストレスなどが影響しているといわれています。

              老人性難聴とは加齢が原因で発症する難聴のことです。

              内耳の感覚細胞が年を重ねることによって減少してしまうのが原因で起こり、金属音や電子音タイプの耳鳴りが両耳から聞こえます。

              両耳から聞こえるというのが突発性難聴(厚生労働省の特定疾患に指定されていますが、特定疾患治療研究事業対象疾患ではないため、医療費の助成は行われません)との違いです。

              >>1日3分から始める話題の耳鳴り改善法!

              耳鳴・知識 | permalink | comments(0) | -